×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

さらのメモ書き

MENU

呼吸に気を付けるだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。

呼吸に気を付けてオナカからするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。

 

体をキュッとさせるストレッチとしては思い切り呼吸しながら、肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。

 

肩こりにも効果がみられるんですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向いたままキープし、肘を曲げて身体の後ろに下げていきます。この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。

 

 

出産を経験し、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットとプラスして人生初体験の筋力トレーニングをしました。

 

 

 

100%母乳でおこちゃまを育てていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

 

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ほぼ昔のような体型に戻すことができたという結果になりました。ダイエットをすすめていると自分自身に厳しい食事制限を課してしまう人もいるみたいですが、断食のような無理なダイエットはタブーです。

 

食事制限をやっていても腹ペコになってしまったら無理せずに食事をとるようにしてください。できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば一気に太ったりすることもありません。

 

ダイエットをする時は無理をし過ぎないことです。

 

 

食事を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、実はデメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)もあるのです。私は生理が止まりました。
このときは、排卵が無くなり、婦人科で薬を処方してもらって治しました。

 

 

あまりがんばりすぎると長つづきしないし、危険だと思います。
普段歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでもすごく、違いが出てくるのです。
ダイエット中の人は運動で減量するのは普通ですが、時間を決めて行っているでしょうか?なるべく毎日朝、夜なら夜などの決まった時間に運動をしているほうが痩せやすくなる体を創ることが出来ると思います。

 

ダイエットできる食事のイメージは脂肪分や糖分が控えめに入っているものが浮かぶと思いますが、私の個人的な経験から、塩分をできるだけ抑えた食事がかなり効果的だと思います。
特に、下半身の脂肪が気になっている人は、まず減塩を行ってみることを勧めます。

 

 

基礎代謝を計ることは重要です。どうしてかというと、自分の代謝量を知らずに、自分に必要な摂取カロリーの量をしることはできないのが所以です。
10代の頃のような無謀なダイエットをするのが体力的にできなくなった分、常日頃から静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。以前、炭水化物を切り詰める手法で減量を目さしたことがあります。しっかり噛向ことで、充足感を満たそうとしたけれど、やっかいだったです。

 

 

日本の人間なので、時々は、がっつりと白いお米を食いたくなります。ですので、現在は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。

 

 

ダイエット中のおやつは絶対にNGです。
仮に食べ物が、もしポテチなどではなかったとしても、摂取すれば太るという事実を忘れないでください。

 

我慢のしすぎもいけませんが、一日三回、食事をきちんととって、アトは食欲を抑制できるように体質を変えたいですね。
ダイエットに役立つ運動といえば、エクササイズです。
ダイエットを達成させるためには、カロリー消費が大切なので、カロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がいいと思います。くわえて、身体を引き締めてメリハリのある体の線を創るためには、筋肉トレーニング(面倒、キツい、続かないというイメージが強いかもしれませんが、テレビをみながらなど、工夫次第で続けやすくなるでしょう)もおすすめです。